NEW

爽快日記

じゃんがら念仏踊りってご存知ですか?江戸時代初期から受け継がれるいわきの夏の風物詩を体験しました!

お盆休みを満喫しております。
お仕事の方、すみません。
そんな今日は、妻の実家に帰省してました。
福島県の浜通り、いわき市です。

 

無形文化財になっている、いわきじゃんがら念仏踊り。
8月13日〜15日に新盆の家を回って踊る行事です。
初めて見た時は、激しく太鼓を叩き鐘を鳴らし、お祭り感があって新盆を迎えた家にふさわしくないかなぁ?とも思いましたが、いわきの夏の風物詩を感じる事が出来る様になりました。

 

 

今年のお盆、昨日のブログにも書きましたが環境が変わり、妻の実家近くの温泉宿に宿泊になりました。
そこで、このじゃんがら念仏踊りが披露されており、初めて参加する事ができました。
宿泊の方々が遠慮する中、積極的に参加するのがこの私な訳です(笑)
その私のお孫ちゃんも血を引いている訳で、1歳にしてじゃんがら念仏踊りに参加しました!

江戸時代初期、祐天上人が南無阿弥陀仏を歌に織り混み布教の為に始めた念仏踊り。
時代を超えて受け継がれ、令和の幼児も鐘を打ち鳴らす、正に日本のお盆がここにありました。
あ。実際私も初めてじゃんがら念仏踊りに参加できましたが、10分少々の時間でしたが、かなりの重労働です。
このじゃんがら念仏踊りを、次世代に受け繋いで行く各地の青年団の方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
このじゃんがら念仏踊りの他にも傘踊りも存在します。
こちらはまた、歌詞もおふざけがあり、お祭り感満載の楽しい踊りになってます。
是非、お盆期間中にいわきを訪れてみては如何でしょうか?
そうそう、いわきのお土産には、このじゃんがらってお菓子もありますよ〜

そんな訳で、今日も夏休み中のGGブログになっちゃいました。
すみません(汗)
引き続き甘々なGGは、お孫ちゃんと楽しく過ごしたいと思います。
ではまた、明日!

 

上にもどるよ