爽快日記

withコロナ。新しい生活様式にピッタリの「glafitバイク」をティーズチャンネルでご紹介しました!

仙台のコロナウイルス感染者は1ヶ月以上確認されていません!
素晴らしい事です。
日常が戻ってきて、また油断をすれば感染拡大となりますので、新しい生活様式を取り入れた行動を行いましょうね。
最高のツーリングシーズンを楽しむためにも。

お仕事も通常に戻り、いつもの通勤風景を見かける様になりました。
電車やバスなど、公共の交通機関では、密集もしてきている様です。
時差出勤、テレワークなど行えない方がほとんどだと思います。
そんな中、自転車、スクーター、バイクなど二輪車通勤を見直す方が多くなってきています。
今日は、ちょっと変わった二輪車をご紹介します。
既に、glafitバイクの事は、ご存知の方が多いとは思いますが、当店ユーチューバーFUKUがわかりやすく説明してくれていますので、そちらをご覧くださいませ。

 

 

このglafitバイク。
3つの使い方ができます。
「ECO」「MID」「HIGH」の3モード。
ティーズチャンネル内でも説明していますが、補足を。

まずは「ECO」モード。
これは、ペダル走行モードです。通常の自転車と同じくペダルをこがなくては走りません。
通常の自転車モードなのですが、車道を走らなくてはならない為、ウインカーやホーン、ブレーキランプなどの操作をする為の電源ONモードと理解してください。

次に「MID」モード。
ここからがglafitバイクの本領発揮です。
ハイブリット走行ができるのがglafitバイクなのです。

何がハイブリットかと言うと、電動アシスト自転車と電動スクーターが合体している所がハイブリットなのです。
この「MID」モードから、アクセルを回せば電気バイクとして電気のみでも走行が可能となります。
補助的にペダルでこいであげれば、車体を進める力がパワーアップします。
「HIGH」と「MID」走行方法は同じなのですが、電気のパワー出力の違いを切り替えるモードとなってます。
バッテリーパワーの弱と強となってます。

例えば、出勤時には下り坂が多いので、「MID」モードでバッテリーを節約。
帰宅時は、上り坂を「HIGH」モードで、キビキビと走行し、愛する家族のもとへ素早く帰れますw
また、glafitバイクについている馬蹄鍵(後輪のサークル鍵)は、指紋認証システムが搭載されています。
指紋認証は全部で20個の指紋が登録可能となってますので、ご家族や職場の皆んなで使う時にも便利ですよ。

このglafitバイクは、原付の扱いとなります。
ナンバー登録、自賠責保険の加入が必要となります。
また、どの走行モードを利用する場合であっても、ヘルメットをかぶる必要があります。
もちろん、原付扱いですので歩道の走行はNG。
免許は普通自動車免許があれば、運転可能です。

もう一つの特徴、折りたためるのがglafitバイクの大きなポイント。
車に積んでキャンプやアウトドアで活躍する事は間違いないですが、マンションや職場のエレベーターでの移動も可能となってます。
重量は、18.7kgとなってますので、女性の方でも少しだけ頑張って頂ければ大丈夫だと思います。

バッテリーの充電も車体につけたままでも、取り外し室内充電と両方に対応しております。
今、withコロナなどと言われてます。
3密をさけた、新しい生活様式に、glafitバイクはピッタリな1台だと私は思います。
実際にご試乗頂ければ、車体の軽さ、小回りの良さ、走りの良さが伝わるはずです。
もちろん、通勤中の熱い視線を集める事も間違いなしですよ(笑)

いつでもご試乗可能となってますので、お気軽にご来店くださいね。
最後に、YouTubeティーズチャンネルのチャンネル登録もお願いしますね(汗)

では、また明日!

 

上にもどるよ