二輪ファンのための二輪ハックマガジン

T’sカフェ

Motorcycle hacks & Bicycle hacks from T's

ニューモデルCRF250RALLY

ホンダCRF250RALLY

本日入荷致しました。

気になられていた方も多いのではないでしょうか?

CRF250Lをベースにしたアドベンチャースタイルのオフロードバイク。

 

今日のブログはカタログには載っていないCRF250RALLYをご紹介をさせていただこうと思います。

 

今回入荷したCRF250RALLYはType LDと言うローダウンモデルになります。

発注前にスタッフ皆で相談した結果ローダウンモデルに決まりました。

 

オフロードモデルと言うと、シート高がひとつのポイントだと思いました。

そもそもシート高とは?

どこからの高さを測っているのか?

地上からシートの一番低いところなんですが、CRF250RALLYで言うとステップの真上あたりのシート座面が一番低いところになっているようです。

そこに座った時の足着きをみてみました。

_20170222_201609

 

DSC_0732

跨ったスタッフの身長が169cm体重が65㎏

ベタ足とまではいきませんが十分に安心できる足つきです。

標準モデルのシート高が895mm

TypeLDのシート高は830㎜となっていて6.5cm低い設定になっています。

数値上6.5㎝の差は大きいとは思いますが、なかなか数字を言葉で説明するにはなかなか難しいです。ですが跨った時のサスペンションの動きがスムーズに感じました。数字以外の所でサスペンションの動きが足つきに貢献しているのではないかなと思います。

ローダウンすることで固めになっているのかな?と想像していましたが非常にスムーズに動いてくれます。この動きからすると標準モデルも同様ではないかなと思います。

ヘルメット、ウェア、ブーツ等装備した状態だともう少し足つきが変わるように思います。

 

装備ではスクリーンとハンドガードが標準装備になっています。

こちらもツーリングには欠かせない装備ですね。

DSC_0734

もうひとつ、個人的に気になったのが

DSC_0735

アンダーカウルです。

足元にあたる走行風をガードしてくれそうです。

ダート走行した際も飛び石等ガードしてくれるんではないでしょうか。

 

車両重量も155kgとなっていますが重さは苦にならないと思います。これぐらいあった方が高速走行の時は安定すると思います。

 

眺めていると想像が膨らむオートバイです。

広大な草原、荒野なんかもいいですね。

普段の街並みを外れて、山に行こうよ!と誘ってくる気がします。

ロードでは味わえない景色。

自然に入り込んだ時にある静かさが待っています。

ワクワクします。

 

試乗車欲しい。(個人的)

 

これが皆様の参考になれば幸いです。