NEW

爽快日記

自宅警備隊の彼女は野生だった。原因はお向かいの柴ちゃん(笑)

いつもは「ワンワンワン〜」と元気に吠えますが、突然「キャイン〜」と。
何事か?事件なのか?
何か野生の勘でも働いたのか??

 

毎日の自宅警備スタイル

 

久々にブログへ登場した愛娘・ミルク。
いつものお留守番スタイルは、ご覧の通り、窓から外を眺めてのまったり自宅警備。
しかし、最近この状況が一変する出来事が。
数ヶ月前からお向かいのお宅に、柴ちゃんがやって来たのが事の始まりでした。
それからというもの、柴ちゃんが外に出てくると吠えるは吠える。
気が狂ったかの様に「ウゥ〜ワォン!ガルルゥ〜ワンワン!!クゥゥ〜」
とにかく柴ちゃんがいる間は、吠えまくりです。
喉も渇くわけで、いつも以上に水も飲みます(笑)

 

この前足でガリガリやってたんだなぁw

 

そんなある日、いつもの自宅警備場所のソファーに登るのをためらう。
また、抱っこすると「キャイ〜ン」聞き慣れない泣き声を。
何か痛くしてしまったのか?
そんな事を思っていたところ、ソファーカバーに血のあとが…
よく見ると、左前足の爪が外側を向いています。
そうです、爪が剥がれている状況でした(泣)

病院へ行ったところ「あぁ、爪剥がれてますね。抜いちゃいましょう!えぃ!」と簡単に抜かれたとのことでした。
「野生の本能なので、よくある事です」らしいです(笑)
お向かいの柴ちゃんへ吠えまくりながらガリガリしてソファーカバーにでも、ひっかっかた事が原因でしょうね、きっと。
爪を抜いた途端に、元気を取り戻した様です。これも野生ならではなのかも?

野生の本能。
可愛い顔してても、彼女は野生だった様です(笑)
あ。ちなみにお向かいの柴ちゃんは、オスなのか?メスなのか?は不明です。
彼女が、好きなのか?嫌いなのか?も不明ですけどねw

これからは私も彼女に負けない様に、第六感をフルに働かせ、異変に気付きたいと思います。
では、また明日!

 

上にもどるよ