爽快日記

夢の舞台を用意してくれた高野連に感謝。そしてこれが、良いきっかけになってくれたら尚、嬉しい!

久々に良いニュース!
本当に良かったね、選抜出場が決まっていた球児たち。
めちゃくちゃ喜んでいる姿が目に浮かびます。
日本高野連、関係者の皆さん、ありがとうございます!
本当、最高です。

 

 

春の選抜高校野球の中止が決まってから、3ヶ月。
更に、夏の甲子園大会も中止。
3年間、頑張ってきた球児たちの事を考えると、胸が痛くなります。
私も、息子二人も元高校球児。
元球児の母を含め(笑)家族でガッカリしていましたが、本当に嬉しい決断をしてくれました。

 

 

実は昨日、近所の高校の横を犬の散歩で通りました。
感染リスクを考えてか、声を出さずに黙々と練習に励んでいる球児たちをみて、何か区切りとなる大会ができないものかと、頭をよぎりました。
夏の甲子園が中止となり、その予選でもある県予選も中止に。
これに変わる大会を県単位で検討している様ですが、春の選抜、甲子園出場が決まっていた球児たちには、なんらかの方法で甲子園の土を踏ませてあげさせて欲しいと思っていました。

そんな中、今日のBIGニュース。
選抜はその名の通り、選ばれた球児たちの大会です。
21世紀枠を含め、選抜高校が、1試合だけかもしれませんが、甲子園で試合が出来る様になった事を、とても嬉しく思います。

他のスポーツ、高総体なども中止となっています。吹奏楽とか文化系も。
高校野球だけじゃなく、他の部活でもなんらかの方法で、夢の舞台に立てる事を願っております。
その良いきっかけを作ってくれたと、私は思います。
他の部活の大会も、是非、開催して欲しいです。

改めて、最高の舞台を用意してくれた高野連に、いち高校野球ファンとして感謝しております。
ありがとうございました。
そして、球児たちの甲子園での最高のプレーを見れる事を楽しみにしております。

では、また明日!

 

上にもどるよ