T'sカフェ

針となって牙をむく

雨の中バイクに乗っていると、視界が悪くて自然と神経を使って走って、乗り終えたらどっと疲れてる。って事、皆さんも経験があると思います。

ヘルメットのシールドに雨が当たり、視界を悪くする。

グローブで拭うと、シールドに傷が付いてしまったり。

終いにはシールドを開けての走行。

隙間から入ってくる雨粒は、針のように顔面を攻撃してきて、それが痛い。とても痛い。そして、集中力を削る。

そりゃ、自然と神経使ってしまいますよね。

そこで、活躍するのがシールド撥水剤です。

907934009000

ワイズギアカタログよりヤマルーブシールド撥水剤

写真のように、スプレータイプはサイズも小さいので携帯にも便利で重宝します。

注意しないといけないのは、塗りすぎです。

シールドがギラついてしまって見づらくなってしまいます。

たくさん塗ったからと言って長続きするものではないので、そこは注意しないといけません。

ツーリング前なんかにササッと吹きかけて塗っておくと良いと思います。

もう一つ、個人的に気になっていたグローブです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

ラフ&ロード レイングローブ

ワイパー付きレイングローブ。

親指にワイパーが付いていてササッと。視界を確保。

このアイディアは素敵だと思いました。

それでも、雨天時走行はいつもより神経を使います。余裕をもって安全運転が大切です。そして、雨の日も快適に走りましょう!

上にもどるよ