T'sカフェ

見えないモノを経験で診る

昨日家族を連れ病院へ行きまして。

我々とドクターは、似てるトコロがあるなぁ…と感じました。

例えば、外側から見えない、エンジンの内部と人体の内部。

人体で言えば手術、オートバイで言えば分解すると見えてきますが、

どちらもお手軽にお試しで…と言うワケにはいきませんよね。

 

そこで登場するのが、聴診器。

体に当てて「吸って~息止めて~」なんて使うアレです。

中のオトを聞いて、どうなっているかを推測します。

オートバイでも、先端のカタチが違いますが、同じように使います。

エンジンの聴きたい部分に先端を当てて、中のオトを聴いていくと…

異音がする場所がわかってきます。

%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%91

どの程度わかるかは、経験により異なりますが、聴診器なしでも聞こえるような

大きな音なら、ほぼ特定できるほど。

「吸気側のカムシャフトがシリンダヘッドを抉ってる音」と診断してから分解すると…

%ef%bc%92%ef%bc%91%ef%bc%92

矢印の部分が故障部位ですが、抉れて黒く変色しているのがわかります。

こうやって、答え合わせをしながら経験を積んでいくコトで、精度を高めていくのです。

 

メンテナンスも医療も、経験の積み重ねで腕を磨いていくんです。

より正確に診断してお伝えするために…日々、皆、研鑽中です!

頑張ります!

上にもどるよ