二輪ファンのための二輪ハックマガジン

T’sカフェ

Motorcycle hacks & Bicycle hacks from T's

洗い流したい!早目がベストです。

今日は、比較的暖かい穏やかな天気です。

今週は雪が降る日も多かったですから、一息つけるカンジでしょうか。

 

さて、この時期に雪が積もると、道路に撒かれるモノ…
融雪剤についてお話しします。

融雪剤、通称「塩カル」(塩化カルシウム)は、雪(水)に溶けて、0度でも凍結しなく

するモノですが、水分を吸着するという性格があります。

海で泳いだ後って、ベタベタしませんか?あれと同じカンジです。

錆のメカニズムは、鉄の表面で「水分」と「酸素」が化学反応して起こります。
鉄+水+酸素=錆
酸素はどうしようもないので、どれだけ水分を近づけないかが、錆を予防する
キモになります。

融雪剤が付着した車体が、ドンドン水分を呼び込んでしまい…条件が揃うので、

錆が出てしまうんです。融雪剤だけのせいじゃないんですネ。

 

スクーターなどの車高の低いオートバイは、路面からの影響を受けやすい為…
特に錆がでやすくなります。
DSC00234

低い場所が錆びています。

マフラーや、スタンドなどの地面に近い場所から、錆びていきます。

錆が進行すると、動きが渋くなったり、ボロボロと穴が開いたりして、修理が必要に。

 

そこで予防策ですが、融雪剤は、ゆっくり水で洗い流すのが一番。
温水であれば、さらに良いです。
水をかけるとわかりますが、ベタベタ、ヌルヌルがとれるくらいまで
洗うのがイイです。

 

今日と明日は、おだやかな天候になりそうです。

休まず走り続けるオートバイには、ホース片手に、洗い流してあげるのも

イイかもしれません。

 

それでは、今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、また~