二輪ファンのための二輪ハックマガジン

T’sカフェ

Motorcycle hacks & Bicycle hacks from T's

タイヤのウォームアップのやり方

この時期に、深夜ネットを見てると…ついつい買い物しちゃいませんか?

 

そんなカンジで?…いままで、なぜか持ってなかったツールが、

ツールストレージに仲間入りしました(笑)

 

非接触温度計です。だいぶ値段も手頃で、2千円チョットで手に入ります。

ピストルみたいにトリガーを引くと、レーザーポインタが照射され、

光を測りたい場所に当てるだけの簡単測定です。

%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%91

 

試しに、興味があったので、タイヤの温まり具合をテストしてみます。

走行前は11.9℃です。外気温が6℃でした。

%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%91

1.5kmを普通に走ると…チョット上がって20.2℃

%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%91

また冷えた頃に、タイヤを揉む走り方で同じコースを走ったところ…

%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%91%ef%bc%91

10℃くらい違いますねネ!このくらいの温度でも、グリップの違いは感じられました。

やはり、タイヤは温まらないと不安ですね…

 

さて、ここで言う、タイヤを揉む暖め方とは…

~Fブレーキをしっかりかけて、Fサスを沈める~リヤに荷重をかけてリヤを沈める~の繰り返しです。

 

横からみると、シーソーみたいなイメージです。

今回テストの為、タイヤが冷えるのを待ちましたが、5分程度で10℃くらい落ちてました。

というコトは、この時期、たった5分の休憩でもタイヤが冷めてしまうかも…

それと、意識的にタイヤを温めないと、タイヤは温まらないというコトですネ!

 

天気の良い日中は、まだ走れますが、タイヤのウォームアップは十分にやった方が良さそうです。

今後も、何かと実験に使えそうなツールを手に入れました。

やはり、数字で見ると違いがわかりますネ。

色々、工夫してみたいと思います。

長くなりましたが、最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!