二輪ファンのための二輪ハックマガジン

T’sカフェ

Motorcycle hacks & Bicycle hacks from T's

冬の到来を感じます~

メンテナンス作業をしながら、「冬」を感じる作業があります。

冬用タイヤの交換もそうなんですけど、それ以外にもうひとつ…

「オイルの白濁」

dsc00135

スティツクに白い液体が付着してます。

これは、エンジン内の空気が暖められて、水蒸気が発生して…

それが結露して、オイルに混入するコトで発生します。

 

暖房の効いた部屋の窓が、結露でビショビショになるのと、同じコトが

エンジンの中で起こっているんですネ。

でも、オイルと水は、混ざらないせいで、白っぽいカタマリに。

特に、短時間でエンジンを止めてしまう、チョイノリの使い方だと

発生しやすくなります。

「冬場、乗らないけどエンジンだけかけた方がイイ?」という

質問がよく寄せられますが、結露の問題からも止めた方がイイですよ~。

 

発生を予防するには、30分程度の「走行」で全体にエンジンを温めて、

水蒸気を抜くのがイチバン。

 

寒いですけれど、チョイノリになりそうなら、ちょっと遠回りして帰ると

イイですネ。

発生してしまったら、潤滑の面で不安がありますので、エンジンオイルの

交換をおススメします。

 

オイルの点検など、お気軽に申し付けください。

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!