爽快日記

甲子園球場か?ドーム球場か?はたまた、開催時期を変更も有りじゃないかな?

連日に暑さでバテてませんか?
環境省が作成した未来の天気予報で、2100年の仙台の最高気温が42度になっています。

 

「未来の天気予報」として表示された全国予報図は衝撃的だ。東京と名古屋の最高気温は44度、大阪43度、新潟42度、仙台42度、高知42度、福岡42度とあり、札幌までもが41度に達している。(livedoorニュースより)

 

先日の37.3度でもバテバテなのに、42度って高熱でうなされている体温を越える暑さになってしまう様です。
観測史上最高気温を記録した水曜日、先日お伝えした様に野球大会で終日グラウンドにいて感じた事がありました。

 

IMG_0037
私が学生の頃は、練習中は水を口にする事など許されるものではありませんでした。
腕などには塩が浮いている様な状況。
今考えると危険極まりない状況ですね。
ただ、一概に現在と比べる事は出来ないのも事実です。
先の通り、数十年後の最高気温と現在の気温との違いでもわかる通り、昔と現在でも最高気温に違いがあるわけです。

大会開催中の水曜日、ある学校関係者へ一斉メールが届きました。
内容は「今日の最高気温が猛暑日35度に達する予想の為、運動など外での活動を自粛する様に」との内容でした。
そんな中、大会を行った私たちの対応が良かったのかどうか、一瞬疑問も感じました。

昨日は夏の高校野球甲子園大会の組み合わせ抽選会が行われ、5日から開幕します。
先日あるニュースで、夏の甲子園大会の開催時期を秋に変更する、甲子園に限定せずドーム球場を使用するなどの意見が出ていると知りました。
夏の高校野球は、暑い甲子園でやるからいいんだ!とか、お盆休みに地元に帰って母校を応援できるから楽しいんだ!など、様々な思いもあるでしょうね。
しかし、温暖化の影響で最高気温が上昇する今、見直しも有りじゃないかと思います。

私個人の意見としては、場所は甲子園球場、開催時期を変更する案に賛成です。
3年間練習した成果を、最高のパホーマンスを発揮する場として甲子園で、最高のコンディションで行わせてあげたいですからね。

「今の子供達は私たちに比べて弱いのかな?」と先日も耳にしました。
食生活やトレーニングメニューなどから考えれば、体力は現在の方が上回っているのが事実です。
体力、気力を疑問視する前に、大人達がしっかりとした考えで、良い物は継続し、変えなくてはいけない事は早急に変える判断が必要です。
期待しています。

高校球児の憧れの舞台、夏の甲子園大会が始まります。
全力プレーを楽しみにしながら、全ての高校球児を応援したいと思います。

では、また明日!

 

上にもどるよ