爽快日記

時と場合に応じた服装、TPOが大切。バイクにはバイク用を!

TPO・「時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け」が重要。
って、分かり切っている事ですね。
その昔、ジーンズやスニーカーで入れないレストランって、ありましたよね。
現在はそんなお店は少ないのかもしれませんが、でも時と場合に応じた服装は必要です。
特に、身体をむき出しで走るオートバイの場合には。

 

IMG_8693

 

バイク用のライディングウェアーの重要性。

 

ライダーにとっては当たり前で重要な事ですが、まだまだ着用率が低い気がしています。
よく目にするのが、某アウトドアメーカーのブルゾンを着ているライダー。
確かに、私も好きで普段よく着ています。
雨や風も防いでカッコもよく、バイクに乗るときも重宝します。
でも、ちょと待って下さい!

では、バイク用とスポーツブランドのブルゾンなどは何が違うのでしょうか?
以前、レインウェアーの事をブログでお伝えした事がありますが、防水面での違い(耐水圧)の事です。
それ以外の違いを簡単に書いてみますね。

バイク用のウェアーのポイントとして、走行中の風の影響があります。
一般道でも40キロや50キロなど、高速道路では時速100キロで走行します。
その時の走行中の風はもろに身体が受けます。
ウェアーがバタつかないように袖首元、ウェスト部分を含めアジャスターで調整(締め付け)出来る様になってます。
暑さや風対策で、ベンチレーションなども付いています。

そして、一番のポイントは万が一の時に身体を守るプロテクターの存在。
肘や背中に装備されているウェアーが多くあります。
大切な身体を守るためにも重要なポイントです。
素材も透湿防水生地を使用していたり、メッシュ素材のモノなど様々です。

そんなの分かっているわぁ〜でも、デザインがイマイチだからバイク用はダメ!って声も聞こえて来そうですが(汗)
最近は、デザイン性をアップされていて、以前の様にメーカー名がどうだ!って感じで入っていたり、カラーも赤や青、緑など普通は着ないだろうってカラーリングばかりでしたが、オシャレに変化して来ています。
バイクに乗らない時でも着れちゃう感がアップしてますよ。

 

IMG_8690

 

それから、バイクに乗る時、今日はどうしようかな?とか迷わなくて済むのもポイントです。
例えば、スノーボードに行く時、野球、サッカーする時に、今日どうしよう?って考えませんよね?
時と場合に応じた服装やユニフォームを着るのが当たり前ですよね。
バイクも同じで、安全性や天候を気にせずに、バイクに乗るときはライディングウェアーって決めちゃったら楽じゃないですか。
勿論、オシャレさんな皆さんなら、1着といわずに数着持っているでしょうけどね(笑)

このライディングウェアー、ほとんどが限定生産(事前受注)になっています。
季節性もあるからなのですが、半年以上前に事前に注文分だけ生産されるものが多くあります。
その季節になって雑誌などで見て「これカッコいい!欲しいなぁ〜」ってなってからでは入手困難になってしまいます。
これからのバイクシーズンにピッタリのライディングウェアーをお考えなら早めをお勧めします。

でも、どしても人気のモデルは完売になってしたりしちゃいます。
また、やっぱりバイク用のウェアーは高くて今は手が出ないなぁ〜なんて考えている若いライダーの皆さんには、ウェアーの中に着るインナプロテクターもありますよ。
インナープロテクターなら、今お持ちのお気に入りのウェアーでも安心して走ることも可能です。
価格も数千円とお求めやすい価格になっています。

バイクに乗る時は、ライディングウェアーを。
是非、一度袖をだけでも通して見ませんか?
TPOに合わせて選ぶのが、一番オシャレでカッコいいはずですから。
そんなライダーが増えてくる事を、更に期待しています!

では、また明日!

 

上にもどるよ