爽快日記

これは噂通り、スポーツバイクでした!ビッグスクーターじゃない、一推しのヤマハ・XMAX

第3火曜日は月に1度の定休日です。
先週末のツーリング明けで、マッタリとしていた休日でした。
さて、今回のツーリングのお供がヤマハのXMAXだった事は以前ご紹介させて頂きました。
で、400キロ近く走った感想をちょっと書いてみますね。

 

IMG_8289

 

ツーリング初日は、生憎のお天気、小雨も降る天候でした。
出発から高速道路を利用し、目的地まで約130キロ。
まず、高速走行。
小雨程度なら、走行中はスクリーンのプロテクション効果のおかげでレインウェアーが要らない程、濡れません。
そして一番感じた事は、スタートから80キロ近くまでのスピードが一気に加速してくれる事。
快適に制限速度域まで加速してくれます。

前回のブログで注目していたフロントフォーク。
上部まで突き抜けている、モーターサイクル型フロントフォークですが、予想通りの剛性、強度が確保されていて高速道路上のコーナーでも安定しています。

2日目は、ワインディンが中心のコースとなりました。
前半の上りコーナー時は、若干フロントタイヤの接地感が気になりました。
クルクルと曲がってくれる15インチホイールの影響とリア荷重の影響からかチョッとだけ慣れるまで気になった程度です。

ワインデェングでの加速も十分で、大型バイクと一緒に走っていても何も問題ありません。
逆に楽すぎる走りですけどね(笑)
加速については、5,500回転から6,000回転付近からの加速には驚かされます。
何度と加速を体験し楽しんだ事か。
グワァーン〜って一気に加速しますよ!
大袈裟に言えば、ヤマハのVブーストが効く感じとでも言いたいです。
めちゃ楽しい〜アクセル、ガバァ!で、グワァ〜ンって加速(笑)

トラクションコントロールも装備しているので、雨天走行時や橋のつなぎ目など滑りそうな路面状況でも安心して走ることができました。
アクセルコントロールを気にすることが無いのも安心できますね。

車体の剛性も高く、新型エンジンとの相性も抜群で、コーナー出口で臆することなくアクセルも開けれます。
ABSのブレーキと相まって安心ですよ。
XMAX、MAXシリーズの一員として申し分のない作りになってますね。

シート下の収納も大型で、1泊、2白程度のツーリングでは十分ですね。
足つき性は795ミリとチョッと高めで、176cmの私は、両足がべったりとはいきません。
が、ローダウンキットも発売されていますので、気になる方は装着をおススメします。

スマートキーシステムもとても便利です。
ジャケットのポケットに入れておけば、即スタートが可能です。
あ、チョッとだけ慣れないと、バイクから離れると爆弾が破裂するかの「ピッ、ピッ、ピッ」と警告音がなりますのでご注意くださいね(笑)
今回、何度もやらかしてしまいましたが(笑)

 

IMG_8529

会長の写真をお借りしました!(会長〜GO!)

兎に角、このXMAXは、250のスクーターだろう!って思っていたら良い意味で裏切られます。

スポーツバイクそのものと言える出来栄えの「ヤマハXMAX」
店頭に試乗車を準備しておりますので、私の分かりずらい(汗)ブログを読むより、百聞は一見に如かずですので、ご試乗くださいませ。

燃料タンク13リッターで、2日間380キロを、ノン給油でした。
最高速テストや加速チェックなど、決して燃費を考えた走りはしていませんが、400キロノン給油も魅力的なバイクになってますね。

来月7月には、ホンダからも新型フォルツァの発売が控えています。
ここ数年、元気がなかった250スクータークラスが盛り上がってくれる事に期待しています。

本当に、アクセルを開けて楽しい、曲がって楽しい、XMAX。
今回のツーリングで、彼の方も(笑)XMAXショックに陥ったようで、未だ立ち直れていないとか?
きっと快適な通勤がそこにはある!はずですよ〜

では、また明日!

 

上にもどるよ