爽快日記

それやっちゃダメ、絶対!危険ですよ〜

先日、この様な電話がありました。

お客様「バイクになかなか乗れなくて、バッテリー上がっちゃうから、車庫でエンジンかけっぱなしで2時間放置してたら、ガソリンタンクからピューって音してるんだけど大丈夫?」って。

それ、ダメです!絶対!!です。

 

IMG_7973

 

オーバーヒートしちゃうよって話です。

そのバイクは、空冷エンジンでした。

ガソリンタンクからピューって音は、ガスを抜くためにタンク内が呼吸をしてますので、夏場などよく聞く音です。

それより、2時間も車庫内でエンジンをかけっぱなしは、NGダメです!

 

空冷エンジンはその名の通り、エンジンを風で冷やすタイプのエンジンです。

空冷エンジンは、写真の様にエンジンにフィン(羽)があり、走行中の風を当てて、エンジンを冷やす様になってます。

 

IMG_7976

 

ですから、走行しないでエンジンかけたまま、放置していればオーバーヒートを起こすのは当然です。

あ、もちろん、水冷エンジンでもダメですよー

水冷エンジンは水でエンジンを冷やす仕組みになってますが、その水自体を冷やす為にラジエターを利用しています。

そのラジエター自体を冷やすのも風を当てて冷やす仕組みになってます。

ですから、走行しない状態でエンジンをかけて置いてはダメなんです。

 

IMG_7977

IMG_7978

 

先日、空冷エンジンと水冷エンジンについて、YSP大分の上島さんがブログを書いてますので、参考に貼り付けておきますね。

https://twitter.com/qmM1vSOXANpCGuR/status/881370230051618816

 

ちなみに、バッテリーが上がった状態でエンジンをかけたままにしていても、充電は必要です。

四輪車と違い、バイクの充電量は補充電程度、走行中に消費される分しか補ってくれません。

よく、四輪車だと1時間くらい走ってくれれば大丈夫ですって話が、バイクも同じって解釈になっている様な気がします。

 

今は梅雨時期で、バイクに乗れないから、バッテリーが心配で、エンジンをかけてやろうって思うかもしれませんが、全体にやらないでくださいね!

もしどうしても心配なら、バッテリーキーパーなどの便利な商品も発売されていますので、お気軽にご相談くださいね。

 

では、また明日!

 

 

上にもどるよ