ティーズ社長 爽快日記 公式ブログ 

好きなのがいいに決まっている?違っても、好きなのを推します!

今年も明日1日ですね。

今年の振り返りと来年は?

 

 

a%cc%83%c2%82%c2%b9a%cc%83%c2%82%c2%afa%cc%83%c2%83aa%cc%83%c2%83%c2%bca%cc%83%c2%83%c2%b3a%cc%83%c2%82%c2%b7a%cc%83%c2%83%c2%a7a%cc%83%c2%83%c2%83a%cc%83%c2%83%c2%88-2016-12-30-19-52-46

YAMAHA XSR900_60th_anniversary

 

 

仙台のバイクショップティーズ社長@高橋新一郎です。

TwitterFacebookInstagram

 

 

自分が好きなのが1番だね!

 

いよいよ、明日は大晦日。

今年も、本当に大詰めですね。

振り返ってみて、どんな1年だったんだろ?

いろんな事があった1年だったのは間違いないなぁ。

仕事もプライベートも。

 

では、今年の1年で印象に残った1台をご紹介。

そうです、「XSR900」60th Anniversary モデル。

このモデルがダントツ1番のモデルです。

なんで?1番?

正直なところ、発表当初はさほどイメージは強くなかった(笑)

通常モデルのこれの方が、売れる!って思ってました。

xsr900_gallery_001_2016_013

マットグレーメタリック3(マットグレー)

 

マットグレーメタリック3(マットグレー)は、モデルコンセプトをストレートに体現。本物の金属が放つ素材感を印象づけ、各パーツとのコンビネーションによるハイテク感もアピール。またタンクカバーは、手作業による表面バフ加工で、方向や粗さは製品ごとに少しずつ異なる“オンリーワン”。加工後にマットクリア塗装を施した。シートにはオーセンティックなレザーの風合いを伝える新色・バーガンディ(ワイン色)を採用している。

 

バフ加工されて1台1台違った表情のタンクってめちゃ魅力的ですよね!

もちろん、試乗車もこのカラーを準備。

売れるぞ!これでしょう!って。

なんの疑いもなく、思ってました。

が、結果は60周年アニバサリーモデルがダントツ売れました(汗)

 

バイク屋あるあるですよね。

自分たちが売れるって思ったモデルやカラーは、売れない。

それにしても、うちは極端すぎるくらいにアニバーサリーモデルが売れた。

売れ始めると、これいいカラーだわぁ〜ってなって、さらに加速する。

そんなもんです。

自分がいいって思ったら、それが伝わる、そして売れる。

惚れたバイクは売れるって事。

グレーは惚れたのではないんだって事も気づきました。

バフがけされて…とか、こだわりではダメって事に。

勉強しました!!

 

で、来年は?

これを書くのはちょっと勇気がいるな(汗)

でも、好きなモデルは売れる!はず。

惚れているのはいいはず!

スペックではないです。好きなんです、個人的に。

結果は、1年後に書きます。どうなるか今から楽しみです!

ジャジャーン!これっす!

img

YAMAHA SCR950

 

BOLTのエンジンを使ったスクランブラーモデル。

発売が予定されているはずです?

期待してます!

気軽に乗れるバイク、イメージがめちゃ湧くんですよねーこれ!

2017年は、各メーカーからNEWモデルが続々と発売される予定です。

その中で、ビビビーってきたのがこれなんです。

売れるとかどうかはわかりませんが、好きなんで、推します!

イチ推し!します!

好きなんで〜

惚れてるんで〜

誰がなんて言おうと愛してます(笑)

あぁ〜言っちゃた。

 

そんな変な事を考えながら30日の夜は過ぎています。

来年も、SCR共々(しつこーーーー)よろしくお願いします(笑)

 

 

さぁ!今年もラス1、笑顔で、元気に、楽しく、爽快に、過ごしますよ!

 

 

実は、Ducatiのscramblerが好きなのは内緒です。

絶対に好きだなんて書けません。あ、デザインだけですから(汗)