二輪ファンのための二輪ハックマガジン

T’sカフェ

Motorcycle hacks & Bicycle hacks from T's

なにを残せるか?

今日は成人の日ですね。

仙台市では、昨日、成人式が行われました。

訳あって僕も参加出来たのですが、20年以上前の自分の成人式とは大違い!

新成人が100人もいない、田舎町とは比べるべくもありませんね(笑)

新成人代表のコトバも、堂々としていて、ホントに20歳?と思っちゃいました。

今年、仙台市の新成人は1万1千人だそうです。

最近、孫も生まれたせいか…

これからの世代に何を残せるか?なんてコトを…

すこ~し考えるようになりました。

そして…今朝のコトですが、ふと、工場にあった箱が目に付きまして…

それは、社外マフラーが入っていた箱、「政府認証マフラー」でした。

 

dsc00201

 

僕らがバイクに乗り始めた頃は、なにはともあれ「マフラー(チャンバー)交換」の時代です。

音と性能に拘ったモノもあれば、キチンと法を守ったモノ…様々なマフラーがありました。

政府認証マフラーは、騒音だけじゃなく、排気ガス成分まで厳しくテストされたマフラーです。

その基準値は、純正マフラーに匹敵しながら、軽さや外観、フィーリングを変えられるスゴイパーツなんです。

マフラー交換する楽しみを、まさに後世に「残すため」に考えられた制度ですよね。

未来のオートバイは、電気で走るかもしれない。

そうしたら、マフラーもいらなくなるかもしれない。

でも、マフラー交換の楽しさを、環境も守りながら後世に伝えたい。

そんな心意気を感じます。

僕には、こういった制度を作るコトは難しくとも、こういったパーツをお勧めするコトで、

「オートバイの楽しみ方」を残すコトの手伝いは出来るかな?と思いました。

出来るコトをコツコツと…大好きなオートバイを楽しめるように、行動していきますよ~

長くなりましたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!